CHECK

遺品整理の専門家の遺品整理士とは?

遺品整理の専門家の遺品整理士とは?

日本の急速な高齢化の進展と、家庭構造の変化が起こり、核家族化も進んで来ました。そんな変容に伴い、遺品整理会社は需要が高まっています。亡くなられた方が生前使っていた部屋の片付けや掃除、使わなくなった物の遺品整理は今まで遺族が行っていました。ですが、昨今のライフスタイルの変化で時間も人手も確保が難しく、遺族の力だけでは支えきれなくなっています。そんな背景から遺品を整理する専門家と事業者数が増加しています。現段階ではまだまだ法整備がされておらず、勝手に持ち出して不法投棄や売却したり、高額請求をする企業もあります。モラルの低下を改正する為に作られたのが、遺品整理士という資格です。資格を習得すれば、高齢化が進むこの国で今後20年間は収益を上げられると言われています。需要が高まるであろう今後の為に、専門知識を習得して適切な対応が出来る人材が求められています。命と共に向き合うという意味で存在価値がある業種です。

遺品整理業者に依頼する場合には資格取得者がいるかどうかを確認しよう

近年では高齢化社会が進んでいることから、遺品整理が注目を集めています。遺品整理業を新しく始める人も増えてきていますが、中には資格を持っていない業者がいるのも実情です。せっかく依頼をするのであれば、きちんと資格があるかどうかを確認しなければなりません。 まず第一に挙げられるものとして、遺品整理士と呼ばれるものがあります。これが一番有名なものであり、民間団体から発行されるもので、遺品整理が正しく行えると認められたものだけに付与されるものです。取得するためには廃棄物処理法などの法律についての講義を受講する必要があり、試験に通過すれば取得することが可能です。取得は簡単なものではなく、合格率は3人に1人とされています。そしてその他にも一般廃棄物収集運搬許可証や産業廃棄物収集運搬許可証、古物商許可証の3つも確認しておきたい部分です。これらは作業中の買取で必要になるものです。骨董品などの価値あるものが出てきた場合には、回収してもらうよりも買い取ってもらったほうがお得になります。

遺品整理に関する情報サイト
遺品整理の基礎知識

遺品整理には様々な方法があって、一般的には個人の形見分けのように親しかった知人や親族で今後使うことが可能なものについては分け合うことが伝統的な文化としてありました。最近では少子高齢化などによって形見分け自体が負担になってしまうため、業者に一括処分してもらうことも増えています。業者にも様々な種類があって、無料で引き取ってくれるところもありますが貴重品なども無料で渡してしまうため損失することも少なくありません。

Search