CHECK

トラブルは避けたい遺品整理!そんな遺品整理の豆知識を分かりやすく紹介

遺品整理には様々な方法があって、一般的には個人の形見分けのように親しかった知人や親族で今後使うことが可能なものについては分け合うことが伝統的な文化としてありました。
最近では少子高齢化などによって形見分け自体が負担になってしまうため、業者に一括処分してもらうことも増えています。
業者にも様々な種類があって、無料で引き取ってくれるところもありますが貴重品なども無料で渡してしまうため損失することも少なくありません。

トラブルは避けたい遺品整理!そんな遺品整理の豆知識を分かりやすく紹介

中には遺品整理のための手数料や処分費として法外な手数料を徴収されるケースもあるので、注意が必要です。
もし労力がそれなりにあるなら一般ごみや粗大ごみなどとして、各自治体へ依頼して有料で処分してもらうほうが安全と言えます。
公共サービスなので、料金は明朗会計ですし何より安全です。
遺品整理の過程で出てきた貴重品については、別途買取業者に査定してもらえば、少しは出費の足しになるかもしれません。
自分でできる範囲で行動することが、最もコストパフォーマンスが良いというのが豆知識です。

遺品整理で後悔しないための心構え

遺品整理を検討していて後悔しないために心構えが必要だとしたら、それこそ前もって確認してから本格的に検討を始めることが大事ではないでしょうか。
遺品整理の目的は亡くなった人のものを文字通り整理して、必要なものとそうでないものに分けることが基本です。
更に判断基準に合わせて処分するかどうかの判断を行い、不要と判断されたものについては売却、あるいは捨てることになります。
ただ、処分してしまったものは取り戻すのが難しいですから、後悔しないようにそれこそしっかり判断して決めることが求められます。
判断基準が曖昧だと、主観的に捨てるかどうか決めてしまい、捨てた後にやはり取っておくべきだったというようなものが現れる恐れがあります。
つまり、遺品整理には明確な判断基準が必要不可欠で、その上で心構えを決めて作業に入ったり、業者に任せることになります。
遺品整理は故人の思い出が詰まったものも扱いますから、楽しかったことだけでなくネガティブな感情を呼び覚ますものにも直面しますが、それについても事前に理解してから覚悟を決めて取り組む必要があるのではないでしょうか。

遺品整理のコツを遺品ごとに見ていこう

遺品整理のコツは、最初に遺品を種類ごとに分けることです。
燃えるもの、燃えないもので大まかに分け、さらに金銭的な価値があるかどうかで細かく見ていくことをおすすめします。
金銭的な価値があるものについては、そのまま遺品整理してしまうよりもリサイクルショップなどに持ち込んで現金化すると良いでしょう。
意外にも高く買い取ってもらえるものが眠っていたりするので、きっと何かの足しになるはずです。
もし時間や手間をかけても良いのであれば、全部リサイクルショップに持ち込むのではなく、種類によって最適なお店を利用するという方法もあります。
例えば腕時計は一般的な買取店へ持ち込むよりも高級時計の専門店に持ち込んだ方が高く査定してもらえます。
洋服やアクセサリーなども衣類の専門店、もしくはゴールドが使われているのであれば金の買取店を利用するとより高価格での査定が期待できるのでおすすめです。
処分場まで持って行くのが難しい大型のものについては、廃品回収サービスを利用するのも良いでしょう。
不要なものはまとめて持って行ってくれるので手間がかかりません。

遺品整理で残すものはあらかじめメモしておこう

全てのものを遺品整理で処分してしまうことで、状況によっては後悔してしまう恐れが出てきます。
そんな状況を少しでも回避するため、遺品整理を依頼する前に残すものをメモしておくことが大切です。
処分しても大丈夫なものを色々と判断していき、残すものもメモしておけば、特に問題はありません。
ただ決める時に自分の意見だけで判断してしまうのではなく、遺族とよく相談することがポイントです。
しっかりと話し合いをすることで今後のトラブル発展をできる限り防ぐことができますし、安心して依頼することができます。
判断するのが難しいと感じた時は、遺品整理を実施している会社にコミュニケーションをとっても特に問題はないです。
無料相談に対応している遺品整理会社がいくつもあるので、貴重な意見やアドバイスを貰うためにコミュニケーションを行っても大丈夫です。
安心して遺品の処分や整理を依頼するためには、しっかりと判断することが求められます。

遺品整理に相続関係のトラブルはつきもの

遺品整理をするときに最も注意をしなくてはならないのが、相続関係です。
一般的に、これは亡くなった人の財産を継承するものです。
まず、財産的に価値が存在するものであるかどうかということを確認しなくてはいけません。
当然ですが、財産的な価値の存在する物を勝手に処分してしまうと大きなトラブルになってしまう可能性が高くなります。
遺産相続では、何よりも財産上で価値のあるものを調べていってそれをどういう形で分割していくのかということを考えなくてはいけません。
それが終わってから初めて、遺品整理における処分の対象となっているのかをチェックしていくことになります。
最初に、権利を有している人達がどういった形で遺産を継承するのか、あるいは分割するのかということを話し合っていく必要がありますので、独断で遺品整理をしないように注意をすることです。
トラブルにならないようにするためにも、分割協議などを通して売却する物や処分する物の区別をつけておく必要があります。

気持ちが進まない場合の遺品整理の仕方とは?

自分が大好きだった親もしくは兄弟が事故や病気で亡くなるのはとてもつらいことです。
しかし、どんなにつらくて現実を受け入れるのには耐えがたいと思ってはいてもすべきことはたくさんあります。
たとえば、お葬式の準備や家の片付けなどです。
とくに、故人がその場にいた遺品整理はつらいもので、洋服・アルバム・食器・日記・趣味で集めた雑貨・勲章や賞状などはいろんな思い出があるので、遺族は気持ちが進まない場合があります。
では、そんな時にはどうしたらいいのでしょうか?
そんなときには、誰かに手伝ってもらうほうがいいかもしれません。
おすすめは、遺品整理業者ですが、最近は遺品整理業者が増えていますし、専門業者でなくてもリサイクル業者も行っています。
費用は、部屋の広さ物の量などによって異なりますし、整理後のクリーニングの有無によっても料金は違ってきますのでまずは一度連絡をしてから見積もりをしてもらうことをおすすめします。

遺品整理を行っている不用品回収業者を利用するメリット

故人をお見送りした後、やらなければならないことの1つとして問題になる可能性があるのは遺品整理です。
家具や家電だけではなく、衣類や雑貨、日用品など色々な物を片付ける必要があります。
物の量が増えればそれだけ作業に時間がかかるため、身内だけでは対応できない可能性も考えられるでしょう。
少しでも早く遺品整理をスムーズに終わらせたいのであれば、遺品整理を行っている不用品回収業者の利用を検討すべきです。
利用するメリットは知識と経験が豊富なスタッフに仕分けを依頼可能な点にあります。
経験がない素人よりもプロに頼んだ方が短時間でスピーディーに終わらせることができます。
他には処分が難しい物の回収してもらえる点もメリットの1つと言えるでしょう。
単純に燃えるゴミや燃えないゴミとして処分できるなら簡単ですが、物の種類によってはできないケースもあります。
不用品回収業者ならそれらも含めて対応してもらえるため、無駄を減らすことができます。

遺品整理品を処分するときにオークションは使える?

遺品整理は、故人が残した品物を一つずつ分類を行ったり、まとめて家の中から片づけて処分することを意味します。
故人が換価価値を持つような遺品がない場合、その大半が寝具や洋服などのような生活出需品のみとなったときには、業者に依頼してまとめて処分することもありますが、中には希少価値を持つような美術品やコレクション品などが含まれているとき、遺族はそれを相続する権利があるため価値あるものをそのまま維持するもしくは買取を利用して処分することも可能です。
ちなみに、遺品は法律的な要素を持つものなどからも、遺族以外の第三者が勝手に処分することはできませんし遺族の許可がなければ業者がそれを処分することもできないわけです。
しかし、相続権を持つ遺族は遺品整理で見つかった高価な品物を買取に出すこともできますし、オークションを通じて売ることも可能です。
特に、価値が高いものなどはオークションで高値での入札になることもあるため利用する人も多いようです。

遺品整理をしていたら不倫が発覚した場合、どうするべきか

遺品整理をしていると故人が生前に保管して居た様々な種類のアイテムを目の当たりにすることになります。
資産価値があったり換金性の高いものであればよいわけですが、なかには遺族にとり目にしたくないものが含まれていることもしばしばです。
なかには家族に秘密にして居た、故人にとって都合の悪い事実が露見することもあります。
残された家族にとってショックな事実のひとつは不倫をあげることができます。
死亡するまで発覚することなくうまく隠しおおせていたという場合、遺族サイドではどのように対処するべきなのかが問題になります。
遺品整理の過程で発覚したとところで。
故人の生前の不貞行為が発覚すれば精神的にダメージをおうことは十分ありえます。
不貞好意の一方がなくなって居たとしても、不倫を原因として精神的損害を被ったことに変わりはないからです。
どうしても我慢がならないという場合は、弁護士に依頼して損害賠償を請求することも可能です。

遺品整理の形見分けの方法の色々を考えてみる

遺品整理では遺族や関係者などが一同に介して、故人が生前に保有して居たものを分け合う「形見分け」をすることになります。
基本的には造族財産に属するものを分け合うことになるので、第三者の関係者が立ち会うのは、生前に密接な関係にあるなどの特別の事情が介在する場合に限られるので、基本的には相続人の間で誰が何をもらうのかを決定することになります。
遺品整理ではどの種類に属するのかにより分け合う方法は違って来ます。
故人のコレクションや趣味のアイテムや美術品では、その場で話し合ってしまえば決着を見ることが出来ます。
しかし預貯金や有価証券になると、貴族先が決定しても金融機関や証券会社に届出をして名義変更をすることが必要です。
遺産の中でも資産価値が高い土地や家などの不動産になると、さらに要式性がアップし収集するべき戸籍類などもシビアに要求されます。
遺品整理を円滑に進める上では、対象財産がどの種類になるかを整理しておくことで後日の手続きも円滑に進めることができます。

遺品整理に関する情報サイト
遺品整理の基礎知識

遺品整理には様々な方法があって、一般的には個人の形見分けのように親しかった知人や親族で今後使うことが可能なものについては分け合うことが伝統的な文化としてありました。最近では少子高齢化などによって形見分け自体が負担になってしまうため、業者に一括処分してもらうことも増えています。業者にも様々な種類があって、無料で引き取ってくれるところもありますが貴重品なども無料で渡してしまうため損失することも少なくありません。

Search